鹿紙堂奇想譚

そらをふむ きみのあしおとを きいている

About

 文章書き・鹿紙路(しかがみ みち)のサイトです。

☆NEWS!!☆ 自家通販再開しています

michishikagami.booth.pm

 

本拠地:

鹿紙 路(@michishikagami) - カクヨム

 

 

 

メールアドレス:

鹿紙路さんのプロフィール - はてな

上記に記載があります。 

 

Twitter@michishikagami

※作品・ブログ更新情報、日常つぶやき、読了報告など

  

Pixiv:michishikagami

※イラスト、イベントのお品書き(文章はちょっとだけ)

#創作2021_22 2021年の振り返りと2022年の展望

あけましておめでとう! 鹿紙路です。しかがみ みち と読みます。一次創作小説を書いているひとです。

 

前回はこんなだったよう。

 

michishikagami.hatenablog.com

 

 

箇条書きで言うと、2021年の目標は、

  • 秋の文フリ東京で20万字超えの新刊を発刊する
  • 年間総字数24万字
  • 作業会やコワーキングスペース通いで執筆を継続する
  • 無理のない範囲で体調を改善し、体調不良で仕事を休まないようにする
  • 既刊を売りたい欲求とは距離を置く
  • 生活リズムを一定にし、ツイ廃にならずに本を読む

だそうで!

六個もあるけどできたのは「作業会やコワーキングスペース通いで執筆を継続する」「

無理のない範囲で体調を改善し、体調不良で仕事を休まないようにする」くらいかな。

 

実績

おもにやってたこと:『征服されざる千年』執筆

参加イベント:文フリ東京(5月委託、11月直接)

通販込み頒布冊数:43

新刊:なし!!

執筆字数:90,000(日記、エッセイ含む)

 

なんかほかのことで忙しかったとか私生活でなんかあったとかは特にないのだが、ちょっとしたストレスに弱いので途中ぶっ倒れていたり小説書きにまつわるすべてが嫌になったりして休み休みやっており、字数は去年(207,800)の半分以下になりました。長い作品ひとつだけずっとやっていた、というのもあり、目に見えるとか数字になる部分は縮小していました。

 

あ、でも2020年の読んだ本は75冊だったのですが、今年は124冊だったようです!(拾い読みとかしまくるんで、一冊まるごとじゃない本もたくさんあるのですが)

 

結論としては、サボっていたわけでも非効率的にやっていたわけでもないが、思うようにはいかなかったな、という後ろ向きな感じです。原因はだいたい体調のせいで、それはもう自分の心身に期待しないでやっていくしかないですね。期待しない、というのもそうですが、言い方を変えるとハードルを低く設定して、一個一個クリアして、細かい達成感を積み重ねていく、という感じでしょうか。

 

よく思うんですけど、わたしは他人からのリアクションを待つのがひじょーーーーに苦手で、待ってられなくて悪あがきして事態を悪化させることがままあり、「自分の体調」という他者の反応も同じなんじゃないかという気がしています。一昨年、去年なかばくらいまではスケジュールを立てて粛々と進捗していく、というやり方でしたが、そこに戻り、過剰に自分を追い込む(=自分にできなそうなことまで達成できるよう期待する)こととは距離を置いてやっていこうかなと思います。

 

執筆字数を進捗ノートにのっけてガントチャートで管理する、という方法をとっていたのですが、今年はそれはやめようかな。予定は漠然とさせて、実績を積み重ねる、という形にしようかと。予定を細かくしてしまうと、それに集中してしまい、できないとき(理想と現実のギャップがあるとき)のストレスがのしかかってくるので。

 

手帳でハビットトラッカーをつけて、ウォーキングや家事の実績を記録しているのですが、執筆でもそれをやろうかな。

 

しかし今年には『征服されざる千年』を出したいですね。まだ75000字ですが(20万字くらいの予定)。

 

最後に宣伝ですが、本屋さんで菌類百合SF『根を編むひとびと』委託頒布をして頂いております。

千葉県市川市本八幡の、kamebooksさんです。

kamebooks.jimdofree.com

一人出版社やZINEなど、ほかではあまり扱っていない、けれどご店主の一本通った選書を感じ取れるお店です。(エレベーターのない)レトロビルの四階にあります。ぜひお越し下さい。

同人小説書きに爆裂おすすめするガジェット・スポット・ハビット7選&コストとパフォーマンスとモチベーションについて

2021年頭の目標の第一であった今年秋に新刊を出すことについて限りなく雲行きの怪しい鹿紙路です!!!!!! こんにちは!!!!!! やっていこう!!!!!!!!

 

はいいんですけど、ここ最近これが生活を改善した……!! と思うことがまとまってきたのでタイトル通りのことをご紹介しますね。

同人小説書き向け、というのは自分がそうだからなんで、ほかにも書き物・描き物や創作などしている方には参考になるかもしれません。

で、最初から言っておくと「コスト」・「パフォーマンス」・「モチベーション」の切っても切れない関係についても話しておきたいので、目標とかスケジュールとか立てて実行していきたいがうまくいかん……という方にも参考になるかもしれません。

かつ、ここが大事ですが、体調とか健康とか動機とかって多分に人それぞれなんで、ここに書いてあることに効果がないなどは全然あると思います。期待するな! しかし視野は広く!

 

前提条件:

鹿紙路は同人小説(一次)をわりとコンスタントに書いている小説書きです(年1~2冊長編小説を書き上げる感じのペース)。書くためにそこそこの量の読書をするタイプ。会社員です。八年前くらいから病気を患っており、いまはだいぶ良いですが、疲労とストレスに弱く、無理すると寝込むか死にたくなるので無理はしないようにして生きています。

目標:持続可能な同人活動 楽しいこと:温泉 好きな食べ物:ゆでたまご

 

個人的課題:

・疲れやすい、月一のお勤めなどで倦怠感と猛烈な眠気に襲われる

・デスクワークと小説書きで座っていることが多く、肩こりになりやすい

スマホが手元にあるとついTwitterを見てしまう

・ひとつの場所にずっといると小説が書けない

・が、週一か隔週くらいで家に一日いる日を設けないとモロモロ滞り、精神が損なわれる

 

ちょっとでもなんか引っかかる項目はありましたでしょうか。↑のような課題解決にオススメ! なのが以下です。

 

1)ルームランナー

item.rakuten.co.jp

ルームランナー買おう。1万円くらいだし。

ルームランナーのここがいい:

・体を動かすことによって血行がよくなる→肩こりが改善する

これまじらしいですよ。いや、職場で「肩こりがひどくって~」と言ったら「ウォーキングなんかでいいから体を動かすと、体の一部だけ動いていてもそれがポンプの役割を果たし、血行がよくなる」とマジ顔で言われたので「そっか~」と素直に思ってやってみたんですが、歩いた日のほうが肩こりが楽なんですよ。いままでず~っと湯船に浸かる・めぐりズムを貼る・着圧靴下を履くなどで改善しようとしていたのですが、一日5~15分程度のウォーキングを1~2回程度やっていたら改善しました。

朝一にやると、眠気が取れて頭がハッキリします。血行がよくなると脳の血の巡りもよくなるみたいです。例の倦怠感と眠気もだいぶましになりました。

 

・歩いている間本が読める

ルームランナー買った動機がこれなんですが、小説書くのに資料を大量に読まねばならず、だがじっと読書していると眠くなったりひっくり返ったりTwitterを見たりしがち……だったので、二宮金次郎方式で歩きながら読んだらいいのでは? というのが発端でした。

やってみたら、普通に座って読むよりなぜか集中できるんですよ。あと動画を見たりするのもよい。スマホホルダーなしのタイプでも自転車用のスマホホルダーを取り付けると、スマホで動画とかゲームとかKindleとか見れます。足を動かしていることに脳の一部を使っているせいか雑念が湧きにくく、こむつかしい学術書とかでもわりかし読めるんですよ。

 

・自走式なのでちょっと歩いただけで汗だくに

ルームランナーは大きく分けて自走式と電動があるんですが、自分の足で足許の傾斜のついたベルトを動かす(すり足みたいな歩き方になります)方式の自走式だと、かなり負荷がかかるようで、歩いているだけ(と本人は思っている)で10~15分ほどで汗だくになります。

 

・歩いているだけなので騒音にならない、外の天候は関係なし

集合住宅の方でも安心

 

ルームランナーのここがダメ:

特に自走式だと膝に負担がかかるみたいで、膝に不安がある方はやめた方がよいでしょう。エアロバイクのほうがオススメです。わたしもエアロバイクいいなあと思ったのですが、展開したときの存在感が……大きくて……やめました……

 

なぜ歩く気になり・続けられているのか

なんですけど、きっかけとしては↑に書いた資料読みつつ歩きたい~だったのですが、体調面の改善という大きなニンジンが見えるのが大きいですね。コストとパフォーマンスとモチベーションの話になりますが、

・乗り越えやすいコスト(折りたたみを開いて基本数分歩くだけ)

・得られるパフォーマンスのでかさ(読書が進む・体調が改善する)

・上記ふたつにより、やる気になる

ということで、無意識に「運動? めんどくせえ。やってもなんも変わらんし」と思っていると難しいかなあと思います。わたしもちょっと前までそうだった。

乗り越えやすいコスト、というのには「具体性」が必要で、よく言われる筋トレとかヨガとか聞いても、わたし個人としては何をしたらいいのかわからず知識も関心もなく、という感じだったので、「歩くだけ」という具体性がポイントだと思います。知識や関心があれば、ほかのスポーツなどでも全然いいと思うのですが、一人で自宅で始められる手軽さもあって私の場合はウォーキングでした。

目標設定もその実現方法も具体的に、というのが大原則ですね。

 

2)ストレッチ

ウォーキングだけだと週のなかばぐらいに「肩が……カチッカチだ……」ってなるので、ストレッチと併用するようにしました。

「肩こり ストレッチ」でぐぐるといろいろ出てきますよ~。わたしはベッドの上でやるやつ単純なやつを覚えて、気になる日の寝る前などにやっています。こりゃあダメだ……という日はYouTube理学療法士の方のストレッチ動画を見てみっちりやります。

 

3)温泉

あとは温泉! 行動範囲に温泉銭湯があるので、銭湯価格で入れるのでたまに行きます。じっくり温まってから出ると全身が解放される……許しを(何から???)得られますね……

 

4)着圧ソックス

低気圧のときなど、日中の倦怠感や眠気がどうにもならず、仕事中でウォーキングもできず……という時はレッグウォーマータイプの着圧ソックスをささっと履きます。これでみるみるうちに頭がスッキリする……ときもある……

ドラッグストアなどで売ってます。これもポンプの原理で、着圧かけているところに血を巡らせようとポンプが働いて、体のほかの部分の血行がよくなるんだとか。詳しくは知らんけど。

 

5)コワーキングスペース

 家で集中できない……カフェだと長居できない……図書館はコロナで長時間は無理……な状況下ですが、コワーキングスペースなら長居できるし電源もWifiもあるしフリードリンクも大体あるよ! ティーバッグ持って行ってお湯だけもらうのもいいですね。

わたしは月2千円で二日使えるプランで契約しています。これなら土日ずっといなきゃいけないわけでもなく、気軽に続けられるので……。

 

6)ポメラ

で、いろいろなところに行って書くのには軽いガジェットがいいんですけど、やっぱり文章書くのはポメラですね……文章を書く以外なにもできないのがいいんですよ。スマホも持って行けば一息つくときに見てしまうんですけど、パソコンやタブレットのようにシームレスにTwitterに行ってしまうことがないので、集中しやすいです。

ちなみにわたしが持っているのはDM100ですが、かれこれ八年ほど壊れません。

 そろそろ壊れてくれれば(原稿は無事で)DM200に乗り換えるんだが……

 

7)キーホルダー式の時計

最後のやつが一番地味。ですが、集中するのにとてもよいです。どこでも時間が確認できて、コワーキングスペースの机に置いて何時間で何時書けたか確認しつつ書いています。時間を確認するのにスマホを見てしまうとついTwitterを見てしまうからな。

 

以上です!!

#創作2020_21 2020年振り返り

晦日となりました。今年は帰省しないので、年末年始感も薄く、淡々とやることをやっている感じなのですが、これはやらないとね。ということで #創作2020_21 の回顧編です。

 

同人小説書き・鹿紙路にとってどんな2020年だったか?

とりあえず2018年から継続している数字まとめの表を作りました。

※頒布冊数・執筆字数等のセンシティブ情報が含まれるので閲覧注意です。

f:id:michishikagami:20201231125422j:plain

一昨年・昨年から比べてみると今年の特異性がわかりますね。

 

  • イベント参加回数

直接参加が2018・19年は7回だったのが、2020年は2回のみ。

委託参加は2019年が6回、2020年は5回(書店での販売含む。今年行われたオンラインイベントは除く)。

もともと2020年前半はイベントの直接参加予定が少なかったんですが(静岡文学マルシェは予定していた)、ご存じの通り春~初夏の同人イベントは軒並み中止となり、直接参加はゼロとなりました。

 

  • 頒布冊数

昨日まとめた時点では去年・一昨年の三分の一くらいかと思ってたんですが、今朝思い出して委託などを付け加えてこの数字となりました。『翼ある日輪の帝国』がよく売れた(自分比)去年と比べると、実に約60%減です。

 

  • 執筆字数

去年は10万字超えの長編を二作品新刊として発行したのですが(『日輪』については一昨年から書いていますのでその総字数よりは去年の執筆字数は少ないです)、今年も126,000字と60,000字の二作品を新刊として発行し、加えてこちらの記事のようなブログやエッセイ、読書感想文も書いたので、意外と増えてました。前年比約3万字増です。

 

年初計画との予実合わせ

  • イベント参加回数

目標:減らす。直接参加4つ

実績:減った。直接参加2つ

ということで達成ですが、とくに嬉しくない達成ですね(笑)。もうすこし地方イベントに出たかったしおいしいものや温泉を摂取したかった……

 

  • 頒布冊数

目標:特になし。現状維持

実績:現状は維持できなかった

その原因としては、去年の新刊で今年売っていきたかった『歌声』が、委託向きの作品ではなかった(価格が高い。題材が重い。厚い)のと、今年の新刊の直接頒布機会である文フリ東京でも頒布数が伸びなかったことがあると思います。この情勢下で、一般参加の方の数はかなり少なかったのでは。惨状というほどではなかったのですが、やはり行くのを控えた方が多かったと思います。

 

  • 執筆字数

目標:増やす。24万字

実績:増えた。21万字

目標には届きませんでしたが、増えるは増えました。新刊の総字数が予定より少なかった(いつも少なく終わる)ので、実績の数字はまあ仕方ないかな、という感じです。あとは四半期ごとの振り返り記事が地味に字数を稼ぎました。

 

  • その他こまごました生活習慣

いろいろ実践しましたが、

 

・フルタイムの仕事をする

→いちおう首にならず続いています!

 

・寝込まない

→月一ぐらいで寝込んでいたのですが、年末に至って薬を追加したらだいぶましになりました。

 

・就寝・起床時間を常時同じにする(土日は疲れているので起床はゆっくりになるのはOK。ただし寝る時間は一定)

→寝込まなくなったので気を抜きがち。そのせいで寝坊したりする。

 

ツイッターを15分以上見ない

→見がち。

 

・作業会主催、一人コワーキングスペース通い

→自分ふくめ二人の作業会は初夏から月一くらいでやっています。コワーキングスペースは最安のプランを契約し、月2回くらい通う形で、新刊が脱稿するまではやっていました(いまは一時退会中。再開もできるそうで)。

これはコロナで図書館の持ち込みPCスペースが閉鎖されたり、飲食店でも長居しづらくなったためにやり始めたのですが、情勢上、来年もやらざるをえないだろうな~という感じです。お金かかるな。母校の図書館は外部者利用がずーっと不可なので、資料も借りられないのでさらにお金がかかりますね……。

 

結論・2021年の目標

新刊二冊も出せばすべてが許される圧倒的達成感が得られる

という感じではあるんですけど(笑)、ドヤドヤ顔でばかりはいられず、幸運にも職にもあぶれなかったし、直接参加イベントがなくても執筆できる志向の性格であったことが功を奏した、ということですね。

去年から同じことを言っていますが、残念ながら人生はあまりに短く、書きたいものはあまりに多く、読みたい本は死ぬほど多い、ということで、ボヤボヤもしていられません。

その上新刊ができてもあんまり売りたい欲が湧いてこないんですよね、最近。宣伝とか根回しとか正直めんどくさい。それより本読んだり小説書いたりしたい。いや、刷っちゃったり製本しちゃったりしたものは売れて欲しいんですけど「売りたい」より「売れて欲しい」んで……。特に委託やオンラインのイベントだと宣伝が命という感じなんですけど、そこらへん、情勢と自分の欲求があまりかみあっていない。う~ん。ということで、来年は再開された直接参加イベントに、ちいさいものでも三、四ヶ月に一回くらいは参加したいかな、という気分です。ただ、関東圏以外のイベントは情勢上参加できるか不透明だし、関東圏のちいさいイベントというとTAMAコミですが、一次創作オールジャンルなので文章系は厳しい感じなので、どうだろ……なにもかもわからない……という思いですね。 

ただ、来年は厚くて高い新刊を秋の文フリ東京で出す、という欲求は確定しており、情勢をみつつその他のことは決めて、粛々と執筆に励みたいと思います。

来年の新刊は東アフリカが舞台、三つの時代を相互共鳴させる歴史物というか歴史SFというか、というものになりそうです。総字数が20万字を超えるのが目標。

箇条書きで言うと、2021年の目標は、

  • 秋の文フリ東京で20万字超えの新刊を発刊する
  • 年間総字数24万字
  • 作業会やコワーキングスペース通いで執筆を継続する
  • 無理のない範囲で体調を改善し、体調不良で仕事を休まないようにする
  • 既刊を売りたい欲求とは距離を置く
  • 生活リズムを一定にし、ツイ廃にならずに本を読む

くらいですね。多くなってしまいましたが、一番最初と体調面が一番大事です。

 

来年もよろしくお願い致します。

風野湊『すべての樹木は光』感想

こちらでは初めてのこころみですが、同人誌の感想を載せようと思います。

風野湊さんの『すべての樹木は光』

kokyushobo.booth.pm

です。先日の31回文フリ東京で入手しました。

というのも、Twitterで書くには長くなりそうで、カクヨムでわたしの文章としてランキングや評価の対象になるのも違うかな、と思ったので、こちらで書きます。

 

文フリの前の宣伝をTwitterで見かけたので興味を持ったのですが、入手して付属のペーパーにこちらの作品の参考文献が載っており、それが拙作『根を編むひとびと』と二冊重複していたのもふしぎなご縁です。関心や志向が自分と重なる部分があるんじゃないか、と期待しつつご本を開きました。

 

読み始めて、序章の「つかみ」で引き込まれ、主人公の視点に焦点が合ってくると同時に、文体が非常に好みでした。「情景」で描写される風景は、使われることばは淡々としていて、押しつけがましくないのですが、その風景の「特有の美しさ」をさらさらと表現していて、読んでいてここちがよいのです。この文章のなかで滞在していたい……という気持ちになります。

 

ある「家族」の物語です。けれどかれらは血のつながりがない組み合わせもあり、主人公の母とその父(ということになっているひと)はなにか良からぬことが起こり、しばらく断絶していたらしいことが示唆されます。その上、主人公の祖父には「兄」ということになっている「青年」がいて……と、ネタバレを避けるとカギ括弧で括らざるをえないことがらが頻出します。加えて、人間が樹木になる可能性がある世界、祖父の若い頃には戦争があった世界、ということになります。冒頭のつかみと、「樹木になる」可能性が、物語全体をひりひりとしたものにしています。頭の隅にはずっと存在する可能性にじりじりしながら、主人公ユハのまなざしに沿って、読者は物語に滞在します。

 

いままで触れた樹木変身譚というと、ギリシア神話などがぼんやり思い浮かぶのですが、そこだと現世の課題を解決するために変身する、という形です。物語なのだから、物語の必要から変身をするわけです。ただ、この小説だと、どうして人間が樹木に変わるのか、明確な説明はありません。けれども、現世に絶望した人間が樹木に変わろうとする意思を持つ、ということはわかります。その絶望が、この作品のなかで常にさらさらと頭上に降り続けるのです。

 

とりわけ裕福なわけでも貧しいわけでもない、つましい暮らしをしている「家族」の、問題ぶくみの日常を描きながら、ユハのまなざしに沿って、悲しみやさみしさ、笑いや美しさを感じ取ることができます。ただ、悪意もなくやさしさを持ち暮らしていて、しかし魔法を失ってしまう。ユハのまなざしに沿いながら、一方で引いた視線の地の文も読んで、読者はそれを納得するのです。

 

樹木は神経も脳もなく、人間の持っているような形の「感情」や「知性」はありません。けれど、――これは拙作『根を編むひとびと』の参考文献で読んだのですが――樹木も触れられれば感じ取り、光や雨を認識し、根に住んでいる菌類と共同で栄養を得る、別の意味での知性を持っているそうです。そういったことはこの作品でも示唆されていて、変身したときの知性についても言及があります。わたしは疑問に思います――樹木に変身するとは、なんのメタファーなのだろうか? 絶望からの逃避? 理不尽な不幸? どうもそうではなさそうです。作品のなかのフラットな語り口と、淡々として、でも美しさを差し出す情景描写から、「木になる」ことも、ある別の意味での生であると。世界を構成するひとつの命であることは、人間として生きることとは形はちがうけれど、同じく生であると。そういうふうに受け取りました。

 

ストーリーの引きはありつつ、小説全体でひとつの世界を提示し、そこに読者を滞在させる。そんな作品だと思います。面白かったです。

2020年第三四半期振り返り

こんにちは。うっすらとした不安が常にあるという状況に慣れつつある今日このごろですね。

 

今年ももうあと三ヶ月、4分の3は過ぎてしまったということで、恒例の振り返り記事です。

 

 年始↓

michishikagami.hatenablog.com

 

 1回目↓

michishikagami.hatenablog.com

 

 2回目↓

michishikagami.hatenablog.com

 

ということで3回目の記事です。

 

やったこと

  • 執筆関係

8月 『根を編むひとびと』初稿脱稿 126,000字

9月 『玻璃の草原』取材旅行(半日×2回)

9月 『玻璃の草原』初稿脱稿 55,000字

以降推敲、下読み依頼、修正

*所感

順調に予定をこなし、順調に予定より字数は少なく初稿ができました(毎度字数は予定より短くなる)

下読み依頼しないとか言いつつしてますが、これには理由が~! いちおう、初稿までは読んでもらってないんですよ。そこから自分で推敲したものを読んでもらっています。自分で直せるものは直して、自分の考えだけを優先して書いて、それでも「これは面白いのか?」と迷子になったのでお願いしました。

 

  • 参加イベント 

8-9月 富山 zine zine zine 2020 (書店で開催されたzine委託イベント)

8/30 レキソウオンライン (pictSQUAREという、バーチャル同人誌即売会ができるサービスでの歴史創作オンリーイベント

9/11-13 ブックハンターセンダイ ちょろっとだけ参加(ほとんど参加できませんでしたが、本の宣伝だけはしてくださった……神か……?)

*所感

結論だけ言うと、この三つのイベントでは、期待していたほどの成果は得られなかったんですけど(いずれももともとお知り合いだった方から買っていただくということはあり、大変感謝しています)、それって自分が売りたいと思っていた既刊『歌声』が致命的に委託やオンラインイベントに向いてなかったからでは……という思いです。なにせ一見さんには商業の上製本並みに「高い」「厚い」「内容が重い」という本で、どこの馬の骨ともわからん人間のものは買いたくないわな……と気付きました。

やはり自分にとってリアル同人誌即売会は必要で、そこでしか売れない自分の本がある、という気づきがありました。今年特有の問題ですが。

 

  • 生活改善

ふわっとしたプライベートの話ですが。

・給付金でデスクトップPC用の椅子、ベッドのマットレスを買って入替えた

・衣服やリネン類、スキンケア用品(というかボディクリーム)を買い足したり買い換えたりした。不要品はゴミ袋8個ぶんくらい捨てた

・主治医の肩をつかんで揺さぶり(比喩表現)、常用薬を変更した

家にいる時間が増えたこともあり、暮らしのなかの小さ~いストレスが耐えがたくなり(加齢のせいか?)、いろんな生活用品を買い換えました。経済的安定万歳。お金はなくなりましたが、目に優しい色使いとか気持ちのよい肌触りとか皮膚感覚とか匂いとか、自分の好みのものを自分の身の回りに置いておくことって、すごく自分を大事にしている感覚があり、自己肯定感が上がるし快適だしとてもいいことだと思います。

自分の感覚をもっと大事にしたい。いままでもそうしてはきたんですが、ほんとうにもうにっちもさっちも大事にしないとやっていけない感じですね。もちろん他人と妥協したりする場面もあるんですが、そうじゃない部分(自分にしか関係ない部分)は冷静に分析して改善していきたい。

 

やってよかったこと

9月に2作品初稿が上がり、その次の週末に、「魂にひび割れができている気がする~~~」「脳みそがカサカサのスポンジだ~~~~」という感覚を慰めるべく地元の温泉と日本民藝館アイヌの手仕事展をやっていた)に行きました。見事に魂がくっついた。自分を満足させること、上の生活改善もそうですが、そういうことにこだわったほうがよい。効率でいえば身も蓋もないですがこだわったほうがいいんですよ。

 

やらなかったほうがよかったこと

  • 自分に経済的・健康的な被害があること

経済的なのは、買い物ですが。服、買いすぎた(笑) まあ、全部シーズン中に着るつもりなので、無駄ではないんですけど、通販だと歯止めがきかなくなるな……。

健康上なのは、平日に1時間寝るのが遅くなったこと。これ、すぐに実害が出ます。寝坊とか。やらないほうがいい。平日はちゃんと休んで、土日に原稿の修正したほうがいいですね。土日だらだらしたいときもあるけど、それは時間を決めてやる。

 

やりたいこと

今後やりたいことは、

  • 本を刊行する

二冊新刊が控えていますが、11月の文フリ東京では二冊とも出る予定です。そのために推敲と装丁まわりのことと製本がんばるぞい。

  • 宣伝する・売る

イベントや通販開始に向けてやっていきます。そのためには装丁を確定するんだ。いいな。

  • 休む

すこしでも負荷がかかったら積極的に自分を休ませる。寝る・本を読む・美術館に行く・温泉に行くなど。

ということで、残りわずかな2020年を楽しんでいきたいと思います。

まだ存在していない本『玻璃の草原』の取材旅行(半日×2回)行ってきたよ記

f:id:michishikagami:20200919205632j:plain

こんばんみ。鹿紙路です。

最近は↑が仮表紙の『玻璃の草原』という小説を書いています。11月の文フリ東京で発刊予定です。今回はその本のために取材旅行に行ってきたよ、という、読み手としてはどうリアクションを取ったらいいかわからない記事です。ね???? どういういことだ。自分でもよくわからん。けど、古代の武蔵国多磨郡に興味があるひとは(わたし以外にここにたどりついているのか?????)ちょっとは参考になるかもしれません。

『玻璃の草原』あらすじ

9世紀(平安時代前期)、武蔵国多磨郡(現代では東京都の多摩あたり)。農民の少女糸は麻布を晒していた川で、エミシの少女野志宇(のしう)と出会う。エミシたちはヤマトによる征服戦争のあと、各地に強制移住させられていた。ささやかなふれあいを通じて想い合うふたり。しかし、ヤマトとエミシ、さらには韓(から)のひとびとの思惑が対立するなか、糸は野志宇とともに北へ行きたいと願い始める――

という、わたし以外はたぶん思いつかない(クソデカ自意識)、古代の関東地方、織物が好きなヤマトの少女と、牛や馬を育てて暮らしているエミシの少女の百合です。少女っていっても野志宇のほうは二十歳くらいのイメージですが。

ということで、古代の多摩地方が舞台の小説を書くので、イメージしやすいように現地に行ってみよう、という主旨の取材旅行です。旅行といっても半日日帰りを二回した、というだけですが。千葉県民だけど。

大丈夫大丈夫、飛鳥やアッシリアより全然近い(いずれも去年出した本の舞台)。東北の古代城柵二個一日で回るより全然楽。歩き回ったけどな!

 

一回目:府中郷土の森博物館と多摩川

午後から京王線に延々と乗り、分倍河原駅へ。分倍河原。読めないよね。ぶばいがわらです。中世には大きい戦もあったらしい。分倍河原合戦。電車を降りてさくっとバスに乗り、

府中市郷土の森博物館|公益財団法人府中文化振興財団

へ。えっさっき見たら10/1から休館ですって。危なかった間に合った……!

府中は古代には国府(いまで言う県庁みたいなもの)が置かれて、武蔵国の中心地だったわけですが、この博物館はそこにもフィーチャーした郷土資料館です。郷土資料館というと、わたしの貧困な先入観だと、ちいさくて資料もすくないイメージがあったのですが、こちらはぜんぜん違います。まず敷地が公園。そのなかに古民家や洋館などが移築されていて、田んぼや植生の再現もある。隣にプラネタリウム。という盛りだくさんな場所です。お子さんだったら一日つぶせる感じ。博物館の歴史展示もかなり力が入っていて、

f:id:michishikagami:20200919212432j:plain

古代だけでもこんな感じ。ジオラマやキャプションが洗練されていて、想像しやすかったです。

f:id:michishikagami:20200919212657j:plain

金属製品や木工具の展示や

f:id:michishikagami:20200919212629j:plain

古代の武蔵国府周辺のジオラマなどが圧巻です。

九州に送られる防人についてのVTRが流れてたんですが、しかしあれはどうだろうか。古代ってあんまり農民には性差がなくて、女性も財産経営をするし、そもそも結婚という紐帯の意味づけがうすいんですけど、VTRだと夫を送るのに妻が出てくるんですが、うやうやしい敬語で夫に話しかける。万葉集(中国的な価値観の強いひとが編集した)の記述を額面通り受け止めすぎじゃないか、という気がします。

f:id:michishikagami:20200919213227j:plain

屋外展示のまいまいず井戸(螺旋形に道が下っていき、井戸が底にあるもの。平安時代から似たかたちの井戸が周辺にあったらしい)(まいまい=カタツムリ)が面白かったです。

f:id:michishikagami:20200919213532j:plain

f:id:michishikagami:20200919213553j:plain

萩のトンネルがあり、萩は作中にも出てくるので嬉々としてくぐりました。

 

博物館を出たあとは、そこからほど近い多摩川の土手へ。

f:id:michishikagami:20200919213852j:plain

小雨が降ったりやんだりのあいにくの天気で、多摩丘陵も雲がかかっていたりして見えたり見えなかったりですが、聖蹟桜ヶ丘方面へ徒歩で移動。

途中、多摩川を橋で渡り、

f:id:michishikagami:20200919214034j:plain

goo.gl

こんな経路で、府中市から多摩市へ移動しました。

今回の目的として、登場人物たちが持っていた地理感覚や地形の実際を見てみたかったので、主人公のひとりが住んでいる場所の近くをうろうろしてみたのです。

聖蹟桜ヶ丘駅周辺は、落川・一ノ宮遺跡という、巨大な集落遺跡に含まれており、エミシの少女野志宇が住んでいたところ、という設定です。

 

しかし多摩丘陵、丘陵だからアップダウンが激しい。いや、多摩川周辺は平坦なんですが、駅の近くになるともう勾配がありますね。ということで時間も押してきたし、電車に乗ります。二駅さきの高幡不動駅へ。

f:id:michishikagami:20200919215933j:plain

目的地は「三沢」です。なにせ主人公の糸が住んでいた設定の地名です。おお、実在する~(地図に載っているんだから当たり前ですが)と思いながら駅を出て、

f:id:michishikagami:20200919220129j:plain

三沢! 三沢だ! と思いながら丘をのぼ……のぼ……

f:id:michishikagami:20200919220142j:plain

すぐ挫折。急すぎ。階段のわきを地元の方がさっさと追い抜いていきました。多摩民、足腰強すぎ……。

f:id:michishikagami:20200919220331j:plain

夜景だけ撮って駅に戻りました。写真へたすぎてぼやけてるけど……(スマホのカメラがダメダメ)

f:id:michishikagami:20200919220540j:plain

うぇーいマッコリマッコリ~(高幡不動駅の餃子屋さん)

f:id:michishikagami:20200919220523j:plain

うぇーいパクチーサラダと餃子~~~~

 

ということで一回目は終了。

 

二回目:多摩モノレールに乗って多摩センターへ

 Googleマップとにらめっこしているうちに、多摩モノレールの沿線が気になってきたんですよ。高架なので地形がわかりやすいし、多摩川を通って、主人公糸の村設定の地域から、もうひとりの主人公野志宇の一時的な移住地である帝京大八王子キャンパスのちかくを通り、多摩センターにつく。多摩センターには、近在の牧・小野牧の研究を紀要にまとめているパルテノン多摩の博物館があります。ということで立川駅から多摩モノレールに乗って南下し、多摩センターに行きました。

 立川南駅と北駅がある! 難度高い……けどたぶん南駅だろうということで南駅から乗りました。

f:id:michishikagami:20200919222555j:plain

わ~いモノレールだよ!

f:id:michishikagami:20200919222710j:plain

丘陵地に家が建ってるのがよくわかります。

 多摩動物公園とかを通って20分ほどで着いたぞ多摩センター!

f:id:michishikagami:20200919224644j:plain

なんか歩道が広いしたてものもでかいし宗教都市のようだ……しかも奥にあるのが「パルテノン多摩」……。

とりあえず駅のすぐ近くの東京都埋蔵文化財センターへ。

f:id:michishikagami:20200919225305j:plain

縄文時代の植生を再現し、住居の復元も何棟かある縄文の森があるよ。館内含め無料)

f:id:michishikagami:20200919225451j:plain

馬具(くつわ)!!!
f:id:michishikagami:20200919225402j:plain

炭化した古代のわらじ!!!!

意気揚々と向かったパルテノン多摩の博物館ですが……

f:id:michishikagami:20200919225528j:plain

改修工事中で休館してた。

いや、ホームページはちゃんと見たんですけど、そこにも休館中って書いてあったんですけど、なんでか母体のパルテノン多摩のたてものの一部は改装中でも博物館はやってると思い込んでいた……。

f:id:michishikagami:20200919225704j:plain

茫然と裏の巨大な池のほとりにたたずむ……。

f:id:michishikagami:20200919225736j:plain

鯉もいるしカモもいるし亀もいた。すごい。情報量の多い池

くじけない心を持った人間であるわたくし、くじけず近くに図書館を見つける。

f:id:michishikagami:20200919230005j:plain

(廃校になった学校を改装したのかな?って感じの建物)

f:id:michishikagami:20200919230045j:plain

郷土コーナーで関連してそうな本を見つけたのでその場で読んだ。

ということでわりかしへとへとになったので、ドトールの強いやつ(「ドトール珈琲店」)でスキレットで焼いたフワサクなパンケーキ食べて、また延々と京王線に乗って帰宅しました。

f:id:michishikagami:20200919230326j:plain

結論。

 お疲れ様でした!!!!